宇宙語通信

宇宙語オンリーの広汎性発達障害児と走る日常。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

宇宙ネコ

Author:宇宙ネコ
ADD母。広汎性発達障害の3歳児たあ坊と旦那と3人毎日適当に暮しています。

詳細は
「はじめまして。」および
「はじめに」カテゴリ
プロフ絵もそちらへ移動しました。

管理人裁量で意図不明なトラックバック・コメントを削除することがあります。ご了承ください。

イラストは「ふわふわ。り」 様よりお借りしました。


最近の記事+コメント


カテゴリー


過去ログ


最近のトラックバック


ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


全記事(数)表示

全タイトルを表示


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


実母に告知
私の体調があまり良くなかったのですが、
週末を利用して私の実家へ初めて泊まって来ました。
たあ坊は親子三人揃ってのお泊まりは経験済みですが、
今回は諸事情により旦那抜きで一泊です。
旦那は私達を車で送り、一緒にご飯を食べて少し休んだあととんぼ帰り。
翌日も同様に迎えに来てくれました。

実母にはたあ坊が言葉を話すのはかなり先のことになるだろうと伝えました。
根拠は1歳10ヶ月できちんとした指さしが出現したあと
言葉に関する発達がひとつも見られないことです。
表情が良くなった、目が合うようになった、など成長と思えることはあっても
それはたあ坊にしてはという前置きつきであって
同い年のお子さんと比べればその差は歴然としており
追いつくような質の遅れには見えないと伝えました。

「あんたはこの子をなんだと思うか」と聞くので
「知的障害と自閉症だろうと思う」と答えました。
少し泣かれましたが、母は私より早くにたあ坊に何かあることを察知していたこともあり
「あんたは腹据えなさい。周りにも身内にも言って堂々としていなさい」とすぐ答えました。
そして「言葉が出ないなら手話を教えなさい、手話を!」と力説していました。
彼女のアドバイスはいつもどこかずれているのですが
心配してくれる気持ちだけ受け取るようにしています。

また母は独自に自閉症などの発達障害について調べていたらしく、
関連のテレビ番組などは私よりよく見ているようでした。
またオーストラリアに在住している親戚に連絡を取って関連の情報をあたってくれていました。
主にサプリメントの話でDHAや亜麻仁油などのオメガ3がいいらしいからと
たあ坊にネイチャーメイドのDHAのカプセルをくれました。
案の定たあ坊は鼻も引っ掛けず私が飲んでいるわけですが。

たあ坊は自宅(賃貸)には無い階段が気に入った様子でいつまでも上り下りしていました。
見たければビデオ(今回は確認済み)もあるし、癇癪を起こすこともなく機嫌よく過ごせました。
自宅より広いし猫もいるので外に出なくても飽きなかったようです。猫には災難でしたが。
母もさんざんたあ坊に付き合わされていました。

旦那が帰るときはスルー状態のたあ坊でしたが、翌日迎えに来た時抱きついていました。
帰り支度で服を着せられるとそれまでなかった癇癪が爆発しました。
さんざん泣いて帰途につきました。

しかし人手がひとりいるだけでこんなに楽とは…
今度は一週間ほど滞在しようと目論んでおります。
母は今頃寝込んでいることでしょうが。
スポンサーサイト

未分類 | 2006/08/28 11:44 | コメント(4)





お母さん、とまどいながらも受け止めてくれてよかったですねえ。
味方がまた一人増えたというかんじで。
うちの場合は気づいたのが私の母だったので、告知と言うものは無かったのですが。
義両親には言ってないですねえ。義父、心臓弱ってるみたいだし、告知したら万が一のことがありそうで・・。
ボウズ母 | URL | 2006/08/29 05:23 [編集]



ボウズ母さん、コメントありがとうございます。
ちょっと似てますね、うちも母が先に察知していろいろ調べてはいたみたいです。
ただ私の口からはっきり言うのは初めてで、違う感慨があったようです。
うちも義母にはまだなんです。高齢だし…。やっぱりショックによる「万が一」は考えてしまいますね。
宇宙ネコ | URL | 2006/08/29 07:44 [編集]



お久しぶりです。
ノラ子の夏休みも終わって私が平常モードになりました。

告知は難しいですよね。
私の両親も最初は否定してましたから。
夫の両親の方は理解していると思ってましたが、最近はそうじゃないのもわかりました。難しいです。
でも、障害があって苦しいのは本人>親>祖父母じゃないかなと。
そう思って日々、夫と娘に接してます。
知的障害があっても自閉症があっても日々成長していきます。
幼少期の遅れはそのままではないです。
ノラ子は幼児期は奇声もすごかったし、多動もすごかったので言語が出ないと
あきらめてました。今は少しですが会話もできる様になりましたよ。
多動も収まりつつあります。
ノラ子よりも重いと医師が診断したのに、現在は知的障害の無い自閉症と言われている子もいます。
よく喋り、お友達とのコミュニケーションもぎこちないですが取れています。
子も色々です。たあ坊くんのパパに対する接し方は認識の表れと思うんですが。
ノラ子は私がそばにいるのにママとかほとんど言わなかったです。
風来ノラ | URL | 2006/09/03 00:48 [編集]



ノラさん、コメントありがとうございます。
お久しぶりです。そうか、ノラ子ちゃんの夏休み終了ですね~。

お話とても重く受け取りました。理解してくれてると思ってもそうではなかったり…旦那や私自身の気持ちもなかなかきちんと安定してません。でも一番きついのは本人ですよね。本当にそうだなと思います。

ノラ子ちゃんも激しい時期があったんですね!つくづく子どもの成長って未知数だなあと思いました…。
いつまでも今のままではない、というお話は私にとってなによりの希望です。息子と(言葉では無理にしろ)スムースな意思疎通が出来るよう、いろいろな方法を模索して行きたいと思ってます。

宇宙ネコ | URL | 2006/09/03 11:23 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。