宇宙語通信

宇宙語オンリーの広汎性発達障害児と走る日常。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

宇宙ネコ

Author:宇宙ネコ
ADD母。広汎性発達障害の3歳児たあ坊と旦那と3人毎日適当に暮しています。

詳細は
「はじめまして。」および
「はじめに」カテゴリ
プロフ絵もそちらへ移動しました。

管理人裁量で意図不明なトラックバック・コメントを削除することがあります。ご了承ください。

イラストは「ふわふわ。り」 様よりお借りしました。


最近の記事+コメント


カテゴリー


過去ログ


最近のトラックバック


ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


全記事(数)表示

全タイトルを表示


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


不適応
【485号】自閉症の小学生2.3倍に
【500号】発達障害、足らぬ医師

「父のひとりごと」さまの記事。いつも拝読してます。

普通に、診断基準が厳しくなったから自閉症と診断される子が増え、
診断もれした成人当事者が今専門医に駆け込んでるといった感じでしょうか。
まだまだ理解が足らないと思うこともありますが、
今の子どもさんは早くから療育受けられるので本当にいいですね。

そこへいくとやっぱり成人当事者は不適応をこじらせてから
少ない専門医へ行く場合が多いんじゃないかなと思います(私ですが)。

前にもちょっと書いたんですが、定型発達ゾーンを真っ白、
障害ゾーンを灰色から黒の濃淡であらわして見た時の
白いところが昔よりも小さくなってるんだろうか?という気もします。
世の中が質の高いコミュニケーションを要求するようになったのかなあ?というような…

定型発達者でも環境によって不適応は起こるんでしょうし。
周囲の要求する質の高いコミュニケーションについていけない人は出てくるわけで…
だから、障害とは言えない個性の範囲の人であっても、
不適応で悩んで発達障害を疑って専門医へ行ったり。

ちょっと前時間があるときに、非モテ系のブログをよく読んでいたんですけど、
恋愛というよりコミュニケーションの話が大半で、
自分の不適応ぶりとか、いじめとか、他者承認を得たいみたいな話題だったんですね。
そうやって悩んでいる人の中にもしかすると、
未診断の発達障害、自閉症スペクトラム当事者の人もいるかもしれないし。
でも、そうでない人が多いかもしれない。

専門医が方が「偽アスペ」を説明しているページを見ましたが
私もアスペルガーは未診断ですからこれに相当するかも知れませんが、
それはアスペルガーをかたって悪事をしようとかそういうわけではなくて、
結局自分の不適応の理由が知りたいってことなんだと思うんです。

で、みんなが結構コミュニケーションについて悩んだりしてるんだな~
定型発達者も同じように悩んだりしてるんだな~なんて感じたと言う話でした。
まあ、定型発達者に暮らしにくい世の中が、発達障害者に暮らしやすいわけはないと思います。

あ、まったく解決案は思いつかないです。だからどうしたって感じですが。
スポンサーサイト

思いつき | 2006/07/11 10:06 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。