宇宙語通信

宇宙語オンリーの広汎性発達障害児と走る日常。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

宇宙ネコ

Author:宇宙ネコ
ADD母。広汎性発達障害の3歳児たあ坊と旦那と3人毎日適当に暮しています。

詳細は
「はじめまして。」および
「はじめに」カテゴリ
プロフ絵もそちらへ移動しました。

管理人裁量で意図不明なトラックバック・コメントを削除することがあります。ご了承ください。

イラストは「ふわふわ。り」 様よりお借りしました。


最近の記事+コメント


カテゴリー


過去ログ


最近のトラックバック


ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


全記事(数)表示

全タイトルを表示


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


世の中ままならず
「上手に褒める」

やはりアメリカンは褒め殺しの文化ですか(コメント欄から)、
やはり少々ハイテンション、オーバーリアクションがいいんでしょうか!?

褒めるってなかなか難しいです。機会があまりないので。
叱る機会はありあまってるんですけど。

しかし叱るのも大概にしないとと思い、
叱る直前自分を落ち着かせるいい方法はないのかなと思ったら、どこかに
「叩こうと思って上げた手で子どもをくすぐっちゃう」
という方法が載っていたんです。

で、たあ坊が脱走しようとしていれば「脱走しないでくらさい~コチョコチョ」
ドスドス足音を踏み鳴らしていれば「どんどんしないでくらさい~コチョコチョ」
とやっていたら、なおさらそれらをやるようになったわけです。
コチョコチョが面白いから、「強化子」になっちゃったんですね。

ええ、この方法は決してやってはいけません。

スポンサーサイト

未分類 | 2006/07/03 13:23 | コメント(2)





大丈夫。
宇宙ネコさんの通る道はすべての自閉症児のお母さんが通った道。
たあ坊くんは感覚が過敏すぎる子ではないのでは?
うちも抱っこ嫌いでしたけど、自分から抱きつくのは好き。
くすぐるのも大好き。
だけど、感覚が過敏すぎる子はくすぐりも抱っこも自分の思った
ような微妙なタッチではないと受け入れられないと聞きます。
まだまだ、たあ坊くんと遊んでのんびりと過ごせる時間を楽しんで
くださいね。ママが好きだからくすぐりも受け入れて遊んでいるんだと
思うんだけどね~
風来ノラ | URL | 2006/07/04 03:00 [編集]



ありがとうございます。やはり先輩ママ達が来た道なんですね…。
鋭いご指摘です。息子もくすぐりでパニック起こすような感じはなく、
キャッキャッとはしゃいで逃げるといった感じでしょうか。遊んでるんですね。
これから発達するにつれて、こだわりやさまざまな自閉症的な?特徴が
現れてくるだろうか、変わってくるだろうかと今からドキドキしてしまいます。
ノラさんの言われるように、一緒に遊ぶ時間を心から楽しみたいっ。
宇宙ネコ | URL | 2006/07/04 07:27 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。