宇宙語通信

宇宙語オンリーの広汎性発達障害児と走る日常。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

宇宙ネコ

Author:宇宙ネコ
ADD母。広汎性発達障害の3歳児たあ坊と旦那と3人毎日適当に暮しています。

詳細は
「はじめまして。」および
「はじめに」カテゴリ
プロフ絵もそちらへ移動しました。

管理人裁量で意図不明なトラックバック・コメントを削除することがあります。ご了承ください。

イラストは「ふわふわ。り」 様よりお借りしました。


最近の記事+コメント


カテゴリー


過去ログ


最近のトラックバック


ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


全記事(数)表示

全タイトルを表示


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


自己刺激
たあ坊は抱っこが大嫌いです。
旦那がたあ坊を向かい合わせに膝に乗せると、大騒ぎ。
真っ赤な顔でもんどりうって号泣しています。
活きのいい魚みたいです。旦那はそれでも懲りずにやってます。

旦那の言うところによると、
こいつは向かい合わせに膝に乗せると、自分の取れる距離にあるもの
チラシでもリモコンでもなんでもいいが
そういうものを手当たり次第手にとりブンブン振り回す。
つまり膝に乗り続けているためには、なにか気を紛らわすものが必要なんだろう。
そういうものなしに楽しくもない親父の顔を見つづけることが出来ないわけだ。
自分をコントロールすることをしたくないというかできないと言うか…
ひたすら感覚に酔って、「あーあーあー」なんて頭振り回してるだけなわけだ。
赤ん坊みたいだが、赤ん坊レベルとも言えない。
その刺激を自分で増減したりはしてるようだし。
しかし、そこで満足してしまっているように見える。

わかる気がします。ずっとブランコに乗っていたい感覚でしょうか?
難しいことも時間も忘れて。

走り続けるのも、もしかしたら同じで
目標物まで行こうとか、かけっこで遊ぶとかそういうことじゃなく、
走る感覚が好きで走り続けているのでしょうか。
自分をコントロールすることが出来ないのか、苦痛なのか…??
何なんでしょうね。

結局、不満足な状況を作り出すことで
課題解決型の思考ができるようになるのではないかという意見に落ち着きました。
私がちょっと赤ん坊扱いしすぎたかもわかりません。中身は1歳だからなあ。

いろいろな場所、状況の中に居させるように。
何でも徐々に自分でやらせるように。
そう心がけようということになりました。
スポンサーサイト

未分類 | 2006/06/30 10:52 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。