宇宙語通信

宇宙語オンリーの広汎性発達障害児と走る日常。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

宇宙ネコ

Author:宇宙ネコ
ADD母。広汎性発達障害の3歳児たあ坊と旦那と3人毎日適当に暮しています。

詳細は
「はじめまして。」および
「はじめに」カテゴリ
プロフ絵もそちらへ移動しました。

管理人裁量で意図不明なトラックバック・コメントを削除することがあります。ご了承ください。

イラストは「ふわふわ。り」 様よりお借りしました。


最近の記事+コメント


カテゴリー


過去ログ


最近のトラックバック


ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


全記事(数)表示

全タイトルを表示


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


愚痴
子供の頃からなんでもうまく出来る人はいないんであって。
何度も説明して見本も見せてやって、何度も失敗しながらも少しずつ出来はじめる、それで上等と思うわけです。
障害の有無にかかわらず、褒めて育てるは基本なんだろうなあと。というか私が叱られたくないということですが。

長い愚痴ですので畳みます。読むと不快になる場合があるかもです。



旦那はそれが出来ません。失敗が許せない。
自分の失敗も許せずにずーーっと愚痴っている。本人に言わせるとそれは愚痴ではなく、どこが悪かったかの再検討なんだそうです。
私は行き当たりばったりで生きているので、たいていのことは「まいっか」になります。そして次の瞬間忘れてしまう。それもまずいです。まるっきり成長がありません。たあ坊の鳥頭は見事に私の遺伝です。

旦那は自分だけでなく、私にもたあ坊にもその厳しさを適用します。
私に適用するのは仕方ないです。大人ですから。一般的に大人が出来るものと思われていることが出来ないというのは問題でしょうし。それに私が出来ないことで、一番迷惑を蒙るのは家族ですし。

でもたあ坊は障害児で、それ以前に子供です。子供にはじめてのことをやらせて出来ないから叱るというのは意味がわからない。

で、それを指摘すると
「俺はずっとこうやって育てられた。これより酷かった。こんなの叱るうちに入らない」と。
たしかに生い立ちを聞くと非常にまずいと思います。とくに義父。(たぶん義父は広い意味での私のお仲間と思います。)

褒めて育てられていないから、褒められない。
単に経験がないことが出来ないというのもありますが。それに加えて抑圧移譲の心理が働いていると思います。

抑圧移譲(よくあついじょう)
 あるところで抑圧を受けた者が、自分よりも立場や能力などに劣る弱者に対して、その抑圧を移譲すること。ごく簡単な例を挙げれば、腕っ節の強い奴にぶん殴られて、その屈辱・怒りを殴った当人に向かわせず、自分よりも弱そうな奴をぶん殴って晴らすことが挙げられる。
 だが、抑圧移譲とは「ムカついたからストレス解消」というような簡単なものではない。他者の優越によって揺らぐ自己の尊厳を保ち、正当性を確認するための、自己の存在を賭した悲痛な行為である。そのために、自己の優越や正当性を(より御しやすい)他者に認めさせる行為そのものである。
(略)
この行為は必ずしも当事者が「自分の受けている抑圧を移譲している」「弱者を支配蹂躙して満足を得ている」などという自覚を持っていないことが少なからずある。
(略)
その形態としては(物理的であろうとなかろうと)あからさまな暴力として現れることもあるが、「自分よりも劣った仲間に対する注意・指導」という善意としての形で現れることもある。
 その「注意・指導」がされる側にとって助けとなり、支えとなる場合は良好な協力関係と言えることもできるが、そうでない場合は攻撃行動となる。本人が善意による行動と信じているためタチがわるい。
(後略)


手短に言うと「俺とおんなじ苦労をしろ」ということです。
旦那は父親からされた仕打ちを非常に恨んでいますが、たあ坊に対して同じような過剰で理不尽なスパルタ式を取ろうとする。それは自分がされたことの正当化であって。そしてそれをされた自分の正当化であると。これを無意識に行います。
こういった心理を無意識に我が子にも適用してしまうところに問題の根深さや業の深さを感じます。

目下のところ、旦那のこの妙な心理からたあ坊を保護することが私の一番の課題になっています。

あとな。カメののろさに腹を立てる奴はカメと暮せないんだぜ。
速かったらカメじゃないだろ!
(うちのカメののろさは半端ない。格が違う!)

スポンサーサイト
思いつき | 2007/07/17 18:00 | コメント(2)




連鎖
>抑圧移譲
初めて聞きました。
でも、その中身は体験していたりして。。。
一般的に、叩かれて(殴られて)育った子は、親になってから子を叩いて(殴って)育てるって言いますよね。
ウチ、恥ずかしながら、元夫も私も!そうでした。
しかし、ある時点で気づいたんですよね、これではマズイって。でも、手遅れだったかも。
幸い、息子は絶対に結婚出来ないタイプだから、「連鎖の被害」は、ここでストップだとは思いますが。

うーん、重い。。。
ご主人にわかってもらうのは(身体で覚えてしまっている・身体に染み付いている・無意識…)、結構エネルギーが必要かもですね。
でも、宇宙ネコさんがたあ坊くんの良き理解者で、それがせめてもの救いです。母は強し!?
くるりん | URL | 2007/07/18 03:18 [編集]


くるりんさん
くるりんさんコメントありがとうございます。
重い話でホントすみません。

抑圧移譲は私も最近知ったのですが、珍しくない気がします。
泣き言をいってる人に「甘い!私なんか」と突っ込みたくなるとか。
本当に甘い場合もあるよな…
でも今回はどうも納得できずに書いてしまいました。

>連鎖の被害
染み付いた体験は引きずってしまいますよね…
被害に遭われた方は本当に大変だと思います。

でも駄目だとわかっていることをしないで済む場合と
わかっていてもしてしまう場合があるんじゃないかな…
なにをどうしたらいいかわからないんですが
虐待被害者が幸せな家庭を築けないなんて不公平だと思うんです。

ただたあ坊みたいに知的障害がある子に力で従うことを覚えさせれば
他人に同じことをしてしまうのではとやっぱり心配です。

私も叱られると萎縮して余計駄目になるタイプなのでi-229
褒めて伸ばすほうに変えてもらいたいなあと思ってます。

宇宙ネコ | URL | 2007/07/18 08:19 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。