宇宙語通信

宇宙語オンリーの広汎性発達障害児と走る日常。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

宇宙ネコ

Author:宇宙ネコ
ADD母。広汎性発達障害の3歳児たあ坊と旦那と3人毎日適当に暮しています。

詳細は
「はじめまして。」および
「はじめに」カテゴリ
プロフ絵もそちらへ移動しました。

管理人裁量で意図不明なトラックバック・コメントを削除することがあります。ご了承ください。

イラストは「ふわふわ。り」 様よりお借りしました。


最近の記事+コメント


カテゴリー


過去ログ


最近のトラックバック


ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


全記事(数)表示

全タイトルを表示


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


不安に
3歳児検診のときまったく診断出来なかったため、聴力検査をし、耳鼻科に診察へいきました。
聴力検査は異常なし。

耳鼻科の先生は白衣でなくアロハ姿、白髪交じりの長髪を束ねています。
ドラマの中の「型破りなお医者さん」みたいな感じです。

問診表に「耳掃除に何を使ってますか?」という項目。
「綿棒」に○をつけたら、怒られてしまいました。
あれは耳垢を奥へやってしまい、かえって厄介なことになってしまうとのこと。

私はたあ坊を抱いて診察台に上がり、手を押さえます。
何事かと暴れだすたあ坊。看護士さんも三人がかりで全身を抑えようやく診察。
診察というか耳垢とり。いやいっぱい出ました。

診察後、たあ坊とは別室になり少しの間お話を聞きます。
耳鼻はとくに問題なし(今のところ)

先生は
「発達障害が増えてるのはなぜか…発見されるようになったのだろうか」と、ひとりごとのようにつぶやくと
「これからあなたはたあ坊にたくさん振り回されていくわけだ。まあダイエットになるか」と笑って診察を終了しました。

この診察の後、なんだか落ち込みました。
暴れるたあ坊。
先生はその様子を見て、「デイサービスのほうへは?」と小声で看護士さんに尋ねます。
「通われています」と返答が来ると、神妙な顔でかすかにうなづきます。
その様子が「これは重篤だ」と言われているような気がしたのです。

デイや教室の先生たちではない、いわば普通の大人の目にたあ坊がどう映っているのか思い知らされた、と言ってもいいかもしれません。

このままの認知力だった場合重度最重度と判定が変わっていくでしょう、それがどんなことを意味するのか想像出来ません。

体は今の倍になるかもしれない。でもその他はそのまま。大暴れするたあ坊。
私はそんなこの子を抑えることが出来るのか?病気になっても、医者に連れて行くことなんてできるのか?

すっかり不安になってしまいました(--;)




スポンサーサイト
記録 | 2007/07/27 08:30 | コメント(4)


偏食
書くとだんだんむかついてくるのですがたあ坊はものっそい偏食です。

口にするもの
食事
・飯
・雑炊(具はみじん切り)
・まぜご飯
・チャーハン
・カレー(具はみじん切り)
・ウインナー
・チキンカツ、コロッケ(主に衣。中身は気分で。チーズ系は×)
・味噌汁(具は食べない)
・ラーメン(具は食べない)
・焼きそば(具は食べない)
・スパゲティ(ナポリタン、具は食べない)
・トーストした食パン(焼いてないものやロールパンなどは×)

おやつ
・柿の種
・せんべい(好き嫌いがはげしいが一応食べる)
・チョコレート
・アイス(バニラかチョコ。酸味のある物は×)
・ポッキー(チョコのかかったもの。かかっていない部分は食べない)
・ホットケーキ
・バナナ(果物の中では唯一食べる)

飲み物
・グリコの幼児野菜ジュース(銘柄指定。これ以外は×)
・ダカラかアクエリアス。(銘柄指定。これ以外は×)
・お茶。煎茶、麦茶、ほうじ茶

いわゆる子供がすきそうなものもたいがい駄目です。
アイスなどもつい最近美味さを知ったようでそれまでは拒否でした。
(教えなければよかったさ)
だいたいスポーツドリンクの味なんてわかりません。
利き酒てのはありますが利きダカラというのは知りません。
知りません知りません知りません!

というわけでデイの給食どきは
毎回私ら母子の食の攻防戦が繰り広げられているわけなのです。




記録 | 2007/07/12 08:37 | コメント(2)


療育手帳
手帳が届きました。

いろいろと複雑でまた感慨深いものがあります。
手帳をもらったことで、これをもらうほど大変な育児だったんだと
認められたような気持ちもします。

一歳半検診の前、準備のつもりで軽く検索し。
自閉症の症状にほぼキレイにあてはまることがわかり。
まさかという気持ちで検診に行き見事にひっかかりました。

玄関から出れば走り出す。鍵をかける間も待ってくれない。
たあ坊の背中を追いかけながら、いったいどこにスイッチがあるのかと思っていました。

あれから比べると、楽になったこともあります。
あんなに走っていたたあ坊が手をつないで歩くようになり。
今は慣れた公園に行くときだけは、手を繋がないでも大丈夫になり。
公園に行っても、私はベンチに座ってたあ坊を観察できるようになりました。
「駄目」「座って」などわかる言葉が出てきて、車道に飛び出さなくなったためです。
ただこれだけのことにこれだけかかってしまったんだなあ。
あのころを考えると夢のようです。

まだデイなどでは困難が多いたあ坊です。
タイムテーブルを私が決められるならたあ坊に癇癪を起こさずすごさせることも可能ですが、
とくにデイではそうはいきません。
これからは社会性や、他者との関係がたあ坊の課題になるでしょう。
それは私の課題でもあります。

まだまだ長い道のりになりそうです。



記録 | 2007/07/08 15:17 | コメント(2)


言葉の進歩
こちらの指示は少し通りやすくなったたあ坊。

ゴミぽいとか、こっちにおいで、それとって、などは
大きな声で指示するとわりと通じるようです。


しかし、自分から何か言うという発想はあまりない。
言葉以外の方法で伝わってるからかも知れませんが。


それでもちょっとそれらしい声を上げるときはあります。
たまにですが。


積み木を指差しながら色の名前を言ってやると、一緒に
赤は「か」
青は「お」
黄色は「き」
それ以外の色はだめ。発音的に難しいのかも。


数字のカードを指差しながらいち、に、さんと言ってやると
「ぎー、ぎー」


五十音の「か行」を指差して読み上げてやると
「か、き」まで一緒に言えましたが
それ以降は全部「で」


どうも発音に不安があります。今月耳鼻科を受けに行きます…。


自分から言わないというのはなんなんでしょう。
横着なのかな。



記録 | 2007/07/04 16:21 | コメント(0)


 +  OLD >


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。